本文へ移動

湿気がもたらす影響

たかが湿気、されど湿気

どうして結露が起こるの?

私たちのまわりにある空気には、水蒸気という目に見えない形で水分を含んでいます。湿度○○%というのは、空気中に含まれる水分の割合で、湿度が高いと空気中の水分が多いということを示します。そして、結露が発生するのは湿度だけではなく温度も関係します。温度によって空気中に含むことのできる水蒸気の量が変わり、高温になるほど多くの水分を含むことができ、低温になるほど少ない水分しか含むことが出来ません。
 例えば、冬の日に暖房によって室温20度に保たれた室内の空気が、外の気温5度で冷やされた窓ガラスに接すると空気の温度が下がります。そうすると、空気中に含むことのできる水蒸気の限界量が減ってしまいます。温度の低下により空気中に含むことのできなくなった水蒸気は、空気からあふれ出て水となってガラスに付着します。これが結露なのです。

結露の表の顔と裏の顔

結露には、目に見えている『表面結露』と、建物の内部で起こる『内部結露』の2種類あります。一般的に知られているのは表面結露で、窓ガラスを拭いたり結露吸水シートを貼ったりという方法である程度改善されます。しかし、恐ろしいのは『内部結露』なのです。壁や床下、天井裏などの隙間から侵入し、目には見えない裏側に入り込んでしまうのです。
←このように表面にはカビが発生していなくても、内部に繁殖している場合があります。

カビやダニが発生するメカニズム

水の分子は約0.38nmというとても小さな大きさです。どれだけ気密性が高い家でも、壁の裏や床下、天井裏などに浸透していきます。風通しの悪い壁の裏や床下に入り込んだ湿気は逃げ場を失い、蒸れや腐りの原因となります。そして、カビが発生し、カビを餌にするダニが大量に繁殖します。ダニの死骸や糞が空気中に飛散し、中で生活する人間がそれらを吸い込み、アレルギーなどのシックハウスを起こす結果となるのです。
家の中の湿気が結露の原因になる、というお話をさせていただきましたが、その湿気の原因が、実は私たち人間にあるということは意外に知られていません。人間の体は、皮膚や呼気から蒸気の形で水分を排出しています。大人1人の排出量は1日約1~1.5リットルと言われています。4人家族なら約4~6リットルの水が床にまかれている、と考えるとわかりやすいかと思います。人間が生活する以上、湿気の発生は避けて通れないのです。
だから、湿気が発生しても結露が起きにくい家にしないといけないのです。
これらは調湿効果のある素材です。湿気が多い時には余分な水分を吸い、乾燥している時には水分を吐き、人が快適だと感じられる湿度を保つ力があります。これらの素材に共通すること、それは『自然生まれ』だということです。昔から使わるものは理に適っているのです。

株式会社大隅建設
滋賀県甲賀市土山町

南土山甲857-1
TEL.0748-66-0080
FAX.0748-66-1451
-------------------------------
1.建設業 新築・増改築

  リフォーム等
2.宅地建物取引業
3.設計業
4.製材業
・滋賀県知事許可般-22第30483号
・宅地建物取引業 滋賀県知事

 (9)第1361号
・甲賀市下水道排水設備指定工事店

 第A-42号
・住宅あんしん保証届出業者

 第3226号
・住宅保証機構届出業者

 第10027261号
------------------------------ 

TOPへ戻る