本文へ移動

F☆☆☆☆は安全!?

安全基準の知られざる盲点

『F☆☆☆☆』~フォースター~とは何?

これは、ホルムアルデヒドを発散する建材の発散量の等級です。
建築基準法により、内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを発散する建材は、その発散レベルに応じて使用面積が制限されることになりました。その発散レベルはJIS、JAS又は国土交通大臣認定により等級付けされ星の数でその等級をランク付けします。F☆☆☆☆はその中で最も発散レベルの低いもので、建築基準法の規制を受けずに使用できます。だから、業者の方も「これはF☆☆☆☆の建材なので安全です。」とよく説明しています。しかし、本当にそうなのでしょうか。

微量だから安全…!?

このF☆マークが付けられるのはホルムアルデヒドを発散する建材と説明しました。例え☆が4つ付いた安全基準の高い建材だとしても、発散量が少ないというだけで全く発散しないわけではありません。たとえ発散量が基準値以下であっても、床や壁、建具に家具、洗剤や殺虫剤、プラスチック製品など、ありとあらゆるものから発散されているとすれば、それは果たして微量と言えるのでしょうか。

ホルムアルデヒドって何?

そもそも、ホルムアルデヒドとは何なのでしょうか?
ホルムアルデヒド(化学式=HCHO)は、常温で無色の刺激臭のある有毒な気体です。人体への影響としては、眼・鼻・呼吸器が刺激され、くしゃみ・咳・涙が出たり、めまいや頭痛などを起こすことがあります。ホルムアルデヒドよりその水溶液であるホルマリンのほうがよく知られているかもしれません。ホルマリンは殺菌・消毒剤・防腐剤などに利用されている他、塗料・接着剤等にも用いられています。そして、さまざまな樹脂の原料となり、食器・繊維の加工等広く利用されています。住宅建材では、合板などの接着剤として使われ、それらが生活空間に溶け出し影響を与えると言われています。

有害物質はホルムアルデヒドだけじゃない!?

これらの説明では、有害物質=ホルムアルデヒド、のようですが、実は有害物質には数えきれないほどの種類があります。フローリングや家具などの接着剤系にはスチレンやアセトアルデヒド、殺虫剤や消臭剤などの防虫剤系にはクロルピリホス(平成15年に使用禁止)やパラジクロベンゼン、ビニールクロスやプラスチックなどの可塑剤系にはフタル酸ジブチル、フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)…。ホルムアルデヒド以外の物質に規制はなく、これらをどれだけ使っても表示されないというのが盲点ではないでしょうか。

本当の安全はどこにあるの?

自然から生まれた無垢の木にF☆マークが付いていないのは、もともとホルムアルデヒドを発散しない建材だからなのです。有害物質の発散量で商品を選ぶより、発散させない自然の素材を選ぶ方が本当の安全ではないでしょうか。

株式会社大隅建設
滋賀県甲賀市土山町

南土山甲857-1
TEL.0748-66-0080
FAX.0748-66-1451
-------------------------------
1.建設業 新築・増改築

  リフォーム等
2.宅地建物取引業
3.設計業
4.製材業
・滋賀県知事許可般-22第30483号
・宅地建物取引業 滋賀県知事

 (9)第1361号
・甲賀市下水道排水設備指定工事店

 第A-42号
・住宅あんしん保証届出業者

 第3226号
・住宅保証機構届出業者

 第10027261号
------------------------------ 

TOPへ戻る