本文へ移動

坪単価について

坪単価について知ってください

坪単価って何ですか?

チラシや看板広告でよく目にする『坪単価』。これは、1坪(約3.3㎡)当たりの建築費がいくらかを表示するものです。基本的には、『本体価格』を『延床面積』で割って計算されます。例えば、本体価格2,500万円、延床面積50坪の家は坪単価50万円ということになります。

同じ本体価格でも坪単価は下がる!?

坪単価の計算は上記の通りですが、ビルダー・ハウスメーカーによっては計算方法が異なる場合があるので注意が必要です。それは、『本体価格』を『延床面積』ではなく『施工床面積』で割る場合があるのです。『施工床面積』というのは、バルコニーや吹抜けなどの建築基準法で延床面積に含まれない部分も含めた面積のことで、各階の床面積を合計した延床面積よりも当然広くなります。それにより、坪単価を出す場合、延床面積より施工床面積で計算するほうが坪単価が下がるのです。例えば、本体価格2,500万円を延床面積50坪と施工床面積52坪で比較すると、延床面積だと50万円、施工床面積だと48万円になります。このように、3つの要因で坪単価は変化してしまうのです。

本当の坪単価って何?

よくお客様から「坪単価はいくらですか?」と聞かれます。
では、逆にお聞きします。「坪単価ってどこまでの工事代のことですか?」
これは、坪単価に含む工事の内容が、ビルダーやハウスメーカーによって違うからです。
メーカーによっては、ガス工事や排水工事、その他必要な工事を「別途工事」や「オプション」という名前で本体工事に含めなかったり、諸経費を別のものとして扱うことがあります。そうなると、本体工事と呼ばれる部分は実際の本体工事より安くなり、必然的に坪単価が下がるのです。チラシなどに「坪単価38万円、40坪」と提示されていても、実際に1,520万円で住める状態になるとは限らないのです。

私たちの思い

このように、坪単価のみで他社と比較することは難しいのです。どれだけ坪単価を低価格で提示していても、オプションや別途料金が発生し、トータル的に高い金額を払わないといけないのではなにもなりません。
当社は自由設計なので、間取り、設備機器、建築資材などを自由に選んでいただけます。それらをまとめたものがお見積書であり、その金額を延床面積で割ったものが当社の坪単価となります。当社の坪単価に、オプションも別途料金もありません。その金額が安いか高いかは、建ててくださった方が決めるものだと考えます。

株式会社大隅建設
滋賀県甲賀市土山町

南土山甲857-1
TEL.0748-66-0080
FAX.0748-66-1451
-------------------------------
1.建設業 新築・増改築

  リフォーム等
2.宅地建物取引業
3.設計業
4.製材業
・滋賀県知事許可般-22第30483号
・宅地建物取引業 滋賀県知事

 (9)第1361号
・甲賀市下水道排水設備指定工事店

 第A-42号
・住宅あんしん保証届出業者

 第3226号
・住宅保証機構届出業者

 第10027261号
------------------------------ 

TOPへ戻る